FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ローリング・ストーンズ、北アメリカ・ツアーの興行会社が確定。5月2日からツアー開始

ローリング・ストーンズ

北アメリカ・ツアーの興行会社が確定。

5月2日からツアー開始





ザ・ローリング・ストーンズが今年敢行する北アメリカ・ツアーについて、大手興行団体AEGライヴと契約することが明らかになったと『ローリング・ストーン』誌が伝えている。

ツアーの交渉などに関わっている関係者の談話によると、今回の興行を請け負おうと手を上げていたオーストラリアの興行主ポール・デインティやその他の業者に競り勝つために、AEGライヴは「本当にクレイジーなオファー」をしたという。

それによれば、ストーンズの取り分はライヴ1回当たり400万ドル(約3億8400万円)から500万ドル(約4億8千万円)にもなり、チケットの価格帯も一倍高い席で500ドル(約4万8千円)から650ドル(約6万2400円)というものにならざるをえないのではと見られている。

ツアーについてはこれまで北米でアリーナ・クラスのライヴを18回予定しているという内部情報が伝えられているが、ここにきて関係者の談話としてツアーが5月2日から開始すると『ローリング・ストーン』誌が明らかにしている。さらに、ストーンズは7月にハイド・パークでのライヴを予定していて、ヨーロッパのフェス出演もいくつか考えているという。その後のツアーの予定についてはまだなにもわかっていない。

なお、イギリスではカサビアンのサージ・ピッツォーノが6月の最後の週末に行われるグラストンベリー・フェスティヴァルにストーンズが出演することを明らかにしたと報道されている。

ストーンズは昨年末に行った5回の結成50周年記念ライヴ・シリーズの興行をポール・デインティとリチャード・ブランソンのヴァージン・ミュージックに請け負わせていて、今回もほぼデインティで決まりと見られていたが、これをAEGが3月19日に土壇場でひっくり返すことになった。

また、昨年末のアメリカ3公演で売上は1830万ドル(約17億5680万円)を記録したとポールスターは伝えている。その後、キース・リチャーズは『ローリング・ストーン』誌に「話がまとまったらみんなにも発表することになるから」とツアーの可能性について語っていた。さらにキースは「マジな話、みんなにはただ待っていてもらえれば、それで大丈夫だから。このレヴェルまでものごとを大袈裟にしておいて『というわけで、50周年はこれでおしまいだよ。バイバ~イ』なんていったら、とんでもないことだよね」とも語っていた。

なお、AEGはツアーの詳細について4月に発表するものと見られている。
RO69 http://ro69.jp/news/detail/79923

youtube参照


スポンサーサイト

2013.03.22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 洋楽ロック

«  | ホーム |  »

FC2Ad

スポンサードリンク

日当たり閲覧数

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング

FC2Blog Ranking

免責事項

当サイトはYouTube及び、その他動画投稿サイトで閲覧できるPVのURLをまとめているリンク集サイトです。 運営者は、動画のアップロード、またはそれを推奨・援助する行為は一切行っておりません。 動画・音声等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。内容に関する質問は有権者に、動画のアップロード等の質問・削除依頼に関しましては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 紹介記事には万全の注意を期しておりますが、リンクや情報の正確性、完全性を保証するものではありません。 万が一不適切な表現を掲載している箇所がございましたら、お手数ですがコメント等(非公開)にてお知らせいただければ削除などの対処をさせていただきます。 なお、当サイトの利用で生じた損害に対し、当サイト運営者は一切の責任を負うものではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。