FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

プライマル・スクリームのボビー・ギレスピー、キャメロン首相にロックの革命がわかるはずがないと語る

プライマル・スクリーム

ボビー・ギレスピー

キャメロン首相に

ロックの革命がわかるはずがないと語る





5月6日に新作『More Light』をリリースするプライマル・スクリームのボビー・ギレスピーは、現在のイギリスの保守・自民連立政権を批判し、若い世代のロック・バンドから批判の声が上がらないことへの失望感を表明している。

『ザ・ガーディアン』紙とのインタヴューに応えたボビーは現在のロンドン市長で保守党のボリス・ジョンソンを「陰険な右翼クソ野郎」と呼び、イギリスのパンク以降の世代が性差や人種の垣根をなきものとする理想を追い求めていないことへの失望感を露わにしている。

「俺たちは極端に偏った時代を今生きているはずなのに、今のロック・ミュージックなんか聴いたってそんなこと全然わからないよ。今起きていることへの反対表明も、抵抗も、批判も起きないことが不思議でしようがないよ。人々が闘争して勝ち取った権利、労働組合員やアナーキストやアーティストらが戦い取った権利が極右論者らにまた奪われてるんだよ。こういう連中は合理的にものを考える連中じゃないからね。ボリス・ジョンソンなんかは口やかましいヤサグレ坊や的イメージで逃げおおせているけど、本当はストライキ防止法を成立させようとしている陰険な右翼クソ野郎でしかないし、こういうやつらと俺たちは闘っていかなきゃならないんだよ!」

また、パンクについてボビーは次のように語っている。

「俺にとってのパンクというのは、7インチ・シングル盤とかザ・クラッシュをアポロで観たぜっていういい思い出以上のものなんだよ。パンクというのは俺たちにとって、クリエイティヴな生き方の第一歩を標すものだったんだ。パンクに触れた人たちはみんなそれぞれになんかよく理解して、性差も人種差別もない理性的な人たちになれるもんだと俺は思ってたんだ。でも、同じ若者としてあれを経験しても、全員が同じものを吸収していくわけじゃないってことなんだね。デイヴィッド・キャメロンとか42とか43くらいだから、アシッド・ハウスには間に合ってたはずなのに、なんにも影響を受けてないよね。そういう連中だって薬はキメたはずだし、鼻からコカインもキメたはずだと思うけど、でも、まるで別物なんだよね。俺たちがそういうものをやってたのは、詩的でサイケデリックな経験をしたかったからで、なんかしらの精神的な洞察を求めてたんだよ。俺たちの人生を左右したさまざまな革命が同じようにデイヴィッド・キャメロンにも影響を与えたなんてことは絶対にないはずだから」

(c) NME.COM / IPC Media 2012

youtube参照

スポンサーサイト

2013.03.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

スポンサードリンク

日当たり閲覧数

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング

FC2Blog Ranking

免責事項

当サイトはYouTube及び、その他動画投稿サイトで閲覧できるPVのURLをまとめているリンク集サイトです。 運営者は、動画のアップロード、またはそれを推奨・援助する行為は一切行っておりません。 動画・音声等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。内容に関する質問は有権者に、動画のアップロード等の質問・削除依頼に関しましては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 紹介記事には万全の注意を期しておりますが、リンクや情報の正確性、完全性を保証するものではありません。 万が一不適切な表現を掲載している箇所がございましたら、お手数ですがコメント等(非公開)にてお知らせいただければ削除などの対処をさせていただきます。 なお、当サイトの利用で生じた損害に対し、当サイト運営者は一切の責任を負うものではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。